紳士

過払い金請求を依頼しておけば安泰|弁護士は心強い味方です

破産手続きの流れを把握

紳士

会社破産が現実的になってきたのであればそれに向けて準備をする必要があります。やはり一生懸命運営してきた会社を倒産させるのは忍びないということもあり、大抵の経営者が破産を視野にはいれません。しかし、会社破産をしっかり弁護士に相談して行なうことができているのであれば、従業員の今後を検討することが出来ますし、説明も納得のいく形で行なえます。弁護士に依頼すればもちろんお金がかかってくるので、資金繰りが苦しい時にそんなことはできないと思う人が多いです。しかし、弁護士に頼まなければ難しい手形決済、買掛金支払いを処理することが難しいのであれば気軽に頼んだ方が良いのです。慌てると満足な対策をうつことができなくなってしまいます。

会社破産を相談したいと弁護士事務所に連絡を取るのは電話でもできます。電話で複数の弁護士事務所に連絡をとって話をすれば、冷静になってどんな対策をとってくれるのかを判断することができます。弁護士事務所は他にもいろんな相談を請け負っていますし、一人で相談業務を受けている弁護士も多いので、必ず予約の日を入れることになります。予約の日は弁護士と依頼者の都合に合わせることが可能です。事情聴取を行なったとしても契約ではないので、この時にできるだけ行なってもらえる内容について弁護士から聞き出すことが大事です。申し立てる日にちは手形決済日にもよるので、まずは会社破産におけるスケジュール確認から始めることになります。その後財産をどこに預けておくのか事務所閉鎖の準備をしていくなどの財産保全措置をしていくことになります。