レディ

過払い金請求を依頼しておけば安泰|弁護士は心強い味方です

破産手続きの流れを把握

紳士

会社を運営していくためには難しく感じることも多いですが、それが会社破産となるともっと手続きが複雑になってきます。弁護士に相談すれば十分に準備をすることができるでしょう。

会社を設立する

婦人

会社設立に際しては、各種の節税効果が期待できます。代表者の役員報酬については、一定の給与所得控除が認められているため、所得税の減税効果があります。また、累進課税方式の所得税に比べて、一定の税率を採用している法人税の方が納税額が少なくなる場合があります。

専門の弁護士の助けがある

メンズ

刑事事件に誰しもが巻き込まれる可能性があります。弁護士事務所にもよりますが、やはりチーム体制で弁護にあたってくれる場所の方が手厚い弁護を期待できるので安心です。

弁護士に頼む過払い金請求

説明

過払い金請求の説明をする前に、まずは混同しがちな司法書士と弁護士との違いを説明します。司法書士・弁護士ともに過払い金の請求は可能です。では、過払い金に関してはどちらに頼んでも同じだと感じますが、実は司法書士が対応し、過払い金が請求できるのは金融機関1社につき140万円未満の場合のみとなります。それに変わり弁護士は上限なしでの過払い金の請求が可能となります。過払い金があるのか、いくら返ってくるのか、そもそも請求が出来るのか自身でもわからない場合は、まずは弁護士に相談することが良いでしょう。その弁護士事務所選びでも、「手戻り金」が各事務所によって差が出ます。着手金から、基本報酬や事務手数料、過払い金請求があった際の成功報酬も事務所によってはばらつきがあるので様々な弁護士事務所から安心して任せられる事務所を選ぶと良いでしょう。自分は返済中だから関係ないと思う方でも、実は返済中でも過払い金の請求は行なえます。不当な金利で長期の借り入れをしている方は、返済中の過払い分を返還してもらい、返済に充てることも可能です。5年以上借金を返済し続けている方は、過払い金が発生している可能性が高いです。特に10年以上にわたっての返済をしている方は、その当時の金利を考えると過払い金の発生の確立がさらに高くなっているので、お近くの弁護士にすぐに相談を考えてみるのも良いと思います。過払い金は自分での請求も可能ですが、法律の知識に慣れないことや費やされる時間の膨大さ、さらに消費者金融や裁判所とのやり取りになるので家族への心配もかける事となります。弁護士事務所ではプライバシーも扱い、弁護士のみとのやり取りになるので安心して任せられます。弁護士は心強い味方です。